ハイキーローキー

::絵と 音楽と たまに写真::

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Go to 群馬


久々の更新です。群馬の友人の所へ遊びに出かけてきました。初群馬。
高校時代にバイト先で出会ってから5年。久々の再会でひっくり返したあの頃の思い出は、どれもポカポカの野原に散らばったびっくり箱みたいで、開ければ開けるだけ明るくって愉しいものでした。あの頃は、涙と一緒に箱を閉めた思い出も時間経つと明るい場所にありました。
夜からは、その当時のバイト仲間の1人が埼玉から合流して、懐かしいメンバーでの飲み会となりました。仙台で出会った3人が群馬で集合するなんて不思議な感じで、そこが仙台のような錯覚を覚えたのは今もここに居る私だけだったんだろうな。2人と話して、ちょっとパワーになりました。
次の日は、伊香保グリーン牧場に連れて行ってもらいました。
大自然に癒されて、きれいに「メーー」って、それはもう間違えなく「メーー」と鳴く羊に笑いました。子やぎと、子羊と、子牛に魅了され過ぎました。ちなみに白い子やぎには無条件とユキちゃんと声をかけます。



そして、私がグリーン牧場に行きたかった1番の理由は敷地内にあるハラミュージアムアーク。現在は新収蔵作品の展示をしていて、奈良さんの「Eve of Destrucion」に弘前以来の再会ができました。
そして、衝撃的だったのが草間彌生のミラールーム。そこに居るだけで愉しくって手をぶんぶんしてみたり、パワー溢れる作品で驚きました。草間さんの作品ってもっと病的なものかと思っていたけど、自分で体感してみると持っていたイメージと正反対で惹かれました。
これはお笑いのDVDですか?っと笑えたのが森弘治の「美術のための応援」という映像作品。字幕がゆるいパンチを放っててよかったです。あれ、笑って見ても良かったのかな?
体感型の作品が多い美術館は友だちと行くのがいいですね。

帰りは牧場自家製のソフトクリームを食べて、河原で石投げして遊んで、スーパーマーケットに寄って、冷やし中華を作ってもらって、友だちの地元を堪能しました。特別な場所に行くよりも、その土地の当たり前の風景の中にこそ発見があったりして好きです。
天気がよかった2日間、一足早い夏休みのようでした。
のんちゃん、ありがとう。
| アート | 21:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:07 | - | - |