ハイキーローキー

::絵と 音楽と たまに写真::

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
夕暮れに吹く風に音を
       Good Dog Happy Men
       Good Time Rolls Vol.1
       08.07.02. 新宿LOFT

Good Dog初の自主企画ライヴに行って来ました。
気持ちが俯き気味で、出かける事が億劫だったりもしたけれど、
音楽のパワーにがっちり支えられて、楽しい時間をもらいました。

セトリとか相変わらず思い出せないのですが、
前回行ったキネマと同じ曲でも、アレンジが変わっていて、
ライヴ音源が欲しいくらいに好きな演奏ばかりでした。
1つ1つのライヴの完成度が高いのは、
音楽を愛してるからこそなんだろーな、と勝手に思う。
途中、あまりの美しさに脳内トリップしていました。

タイトルは門田くんのMCから抜粋。
彼のMCは物語の始まり、小説の端書きのよう。
だからドキドキする。
ついつい釣られて文章がクサくなる。。。

グッドラックヘイワは初・生音。
パッチワークでのフィーリング通りやっぱり大好きな音でした。
ピアノ×ドラム。
シンプルなのに大迫力で、たのしくて、たのしくて、たのしくて。
終わって欲しくなかったよ。
グッドラック目当てでライヴに出かける日も遠くなさそう。
アルバム買うのを先延ばしにし続けてたけど買っちゃおう。
大地くんの「Good Luck Happy Menって言われた事ある」って
ウケた。
卓史くんの喋りはツボ。なんかツボ。

Good Dogの演奏中、泣きそうになったのは、
掻いても、掻いても、晴れない霧の中に居るようで、
どこかで霧の中すら明るいって思えばいいと思ってたけど、
やっぱ晴れてる方がいいやって単純にまっすぐになれたから。
音楽ってほんとーーーーーに、もう、すごいのね。
| ライヴ | 23:16 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:16 | - | - |